Articles for the Month of 3月 2016

自分のライブ映像

imageインターネットの発達、そしてその後のyoutubeの出現によって、肖像権や著作権の在り方が大きく変化しようとしています。
昔は、コンサート会場の受付でカメラや録音機材を持っていないか、厳しくチェックされたものですが
今や、世界のスーパーアーティストですら「どんどん動画アップしちゃって〜!」なんてオープンな感じですよね。

私のような名もなき歌い手にとっては、お客さまがアップしてくださるライブ映像は、良い宣伝になるのかも知れません。
もちろん、この時代に「権利の侵害だ〜!」などと云うつもりは一切ありませんし、アップしてくださる方は、ただただ善意の行為だということは百も承知です。

だけど、だけど、だけど。。。正直に告白しますが。。。
「私のライブ動画をアップするのは、もうちょっと待って〜!」

私にとって過去の録音や映像を冷静に見直すことは地獄の苦しみにも等しく、弱点ばかりにフォーカスして、仕舞いには見ていられなくなるのです。
それを全世界に発信するなど、想像しただけで底なし沼にズブズブと沈みそうな気持ちになります。
どうして、そこまで自分を愛せないのだろう?
いや、そうじゃなくて。。。
むしろ自己愛が強すぎて現実の自分の認めることが出来ないのでいるのでしょう。

こんなことを云うと「じゃ、なんで人前でライブしてるのさ?」とか
「そもそも、聴いて欲しいから歌ってんじゃないの?」
と突っ込みどころ満載の私の中の矛盾。
分かってますとも(~_~;)
だからこそ、今まで言えずにいたのです。

言い訳がましいですか。。。
ライブとは、その空間でしか味わえないものではないでしょうか?
演者と観客が一緒に作り上げる空気感は、映像や音源だけでは決して伝わるものではないと思うのです。

でも、このまま時代に取り残されてはいけないと感じているのも事実。
冷静に直視しても合格点を出せるよう、しっかり精進して歌の精度を上げること。
そして、見え方にも研究や努力を怠らないこと。
ある部分では、諦めや居直りも必要かもしれませんね。
コツコツと積み上げたものを「どうぞ、皆さん観てください!」
と自信を持って云えるように頑張らなければ!
だから、お願い!
もうちょっとだけ待っててね!(⌒-⌒; )